2018/12/31

......2018

大阪・西成の旅がすっかり日常になって三年目。

十年一日と云うか、二十年くらい、同じような路上を歩いて写す写真。
そのくり返しを、同じカメラで同じフィルムで、昔からそうです。

今年も大阪(西成中心)で通りすがりの一枚を、時々、アジアの異国でも。
二月と九月は九龍村(ソウル)、 久方ぶりの港町キールン(台湾)、
三年ぶりにまたマカオと香港でタイムリミットまで、通り抜ける撮影……

何度か訪れた場所を再び一人歩く自分の行動は老人がする旅のようにも思えてきます。
だけど同じ場所への旅なのに、前回来た時とは印象が違ったものになることもあり、
そのことを、ゆく先々で、度々実感させられました。


晩秋は初めての熱帯、初めてのマレー半島。
南方の知らない場所へ放り出し、出会った光景に反応し、シャッターを切ることで、
なんだか振り出しに戻った気分で夢中になっていました。

南方の続きは、年明け一月中旬からインドのデリーに向います。
インドではメキシコ以来のカラーフィルム撮影を計画中。その後またマレー半島へ。
誰にも何も頼まれないのに、どんどんほっつき歩いていられたら嬉しいです。


そして2018年も二冊の写真集で発表出来た仕事はとても有り難く、これからの励みになりました。
お世話になった方々には深く感謝します。

皆さん、お体には気を付けて良いお年をお過ごしください。